Glory Days

HKT48最初の公演である手をつなぎながら公演での兒玉遥のユニット。センターを務める。

もともとSKE48・松井珠理奈がセンターを務める曲でダンスの難易度が高く、まだダンス初心者だった兒玉遥は相当苦戦した。
しかし、この曲を通じダンスが上手くなり、兒玉遥のユニット代表曲とも言えるまでになった。

初期の頃、松井珠理奈本人に「Glory Daysをやってるんだって?教えてあげようか?」と言われ教わったことがある。
以来、松井珠理奈を「永遠のあこがれ」と兒玉遥は語っている。



手をつなぎながら公演千秋楽以降、演じられることが無かったがHKT48劇場 2周年公演(2013/11/26)で復活。大歓声を浴びた。

  • 最終更新:2014-07-20 17:14:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード